ヌマガメの冬眠

イシガメ、ミドリガメ、クサガメ

 
 カメっちライフ HOMEヌマガメの飼い方 > ヌマガメの冬眠

ヌマガメのミドリガメ、イシガメ(ニホンイシガメ)、クサガメは冬眠します。でも冬眠は注意が必要です。適当に冬眠させると危険です。

冬眠可能な水棲ガメの冬眠は、水温を5〜15度に保つのがポイントです。15度以上だとカメが冬眠中に起きることがありカメの体力が消耗します。また、水が凍るくらい温度が低いと、 カメの体液が凍って危険です。(実際は0度くらいでは凍らないと思いますが)

冬眠準備から冬眠終了までの手順

  1. 夏から秋にかけて餌をたらふく食べさせる (体力がないと冬眠中に弱ります)
  2. 冬眠させる1ヶ月前くらいからカメへエサを与えるのを中止する。(このタイミングが結構難しい。冬眠前にカメのお腹の中のエサを消化させないといけません。気温が下がるとカメはエサを  食べなくなるカメもいますが、イシガメは低温でも結構食欲が旺盛です。)
  3. 気温が10〜15度になったら、温度変化の少ない温度の低い場所へ 飼育ケージを移動させる。
     
  4. 気温が10〜15度になったら、温度変化の少ない温度の低い場所へ 飼育ケージを移動させる。
  5. 水深を深くし、息ができるようにレンガなどで段々を作る。 水温5〜15度を保って冬眠させる。
  6. 気温が上がってきてカメが動き出したら 冬眠終了
  7. 冬眠前の場所へカメの飼育ケージを移動

うちの場合、上のような手順で冬眠させてます。 「冬眠中にカメの状態を確認し、 カメが弱っているようであれば冬眠を中止させる」 みたいなことも飼育書に書かれていますが、 私の場合は、冬眠中にやたらとカメを触るのはよくないと思っていますので基本的にほったらかしです。 カメの冬眠中の水換えは必要ないし、 逆にカメには良くないそうなのでやめておいた方が無難です。

あとうちでは、 飼育ケージの水の中に、枯葉とミズゴケを入れてます。 枯葉の灰汁には冬眠中にカメが病気にならないような効果があるようです。 (ホントかどうかは不明ですが、何かで見ました)

また、枯葉を入れることで水温の変化の抑制が期待でき、カメも枯葉の中にもぐることで安心して冬眠できるようです。 枯葉を入れすぎるのに抵抗があったので、枯葉の足りない分をミズゴケで補ってます。

枯葉もミズゴケも農薬が気になるので、しばらく水でつけ置き洗いした後使ってます。 落ち葉は、クヌギの枯葉や桜の枯葉を拾って使ってます。 最近では、桜の葉のほうが臭いがいいので桜の枯葉を主に使ってます。 ハゼの木などのように毒性のある枯葉もあるので注意しましょう。

冬眠中の水温の温度変化が小さくなるように、 冬眠用の飼育ケージは、発砲スチロールの箱の中に入れてます。 そして、上から衣装ケースの蓋をし (飼育ケージと蓋の間はスカスカで空気が通るよう密閉にならないようにしてます)、 更に上に、すだれをかぶせてます。 うちのカメたちはこんな感じで冬眠させ、今のカメたちは、5回の冬を越し、今も元気にしてます。

冬眠させるの自信がない、カメの元気がない などの場合は、無理に冬眠させることなく、部屋の中で保温して越冬させるのが無難です。無理に冬眠させる必要は全くありません。


 
  カメっちライフ HOME